眉間のしわをどうにかしたい!ならおススメの対策がコチラ


渋い男優さんならかっこいい眉間のシワ。
ところが女性の眉間のしわは、
意地悪ばあさんみたいでいやですよね。

眉間のしわに気づいたら、
ぜひこの方法でケアしましょう。

なぜ眉間にしわができる?

眉間にしわがあると、気難しそうな印象を与えますよね。
人相学的にも「印堂(いんどう)」と呼ばれる眉間のしわは
精神的に不満を抱えている、と見られます。
不幸を呼ぶ、とまで言われる、いや~なシワなんです。

眼の周りの肌は薄くてシワができやすいと言われますが、
実は眉間の肌も薄いんです。
つまり表情のクセなどで、シワができやすい、ということ。

目元には気を使っても眉間のケアをする人は少ないのではないでしょうか?
皮膚が薄いのにケアされていない。
乾燥によるしわが刻まれやすい場所なのです。

シワマッサージ


洗顔の後、眉間に保湿クリームを塗ったら
そのままマッサージしましょう。

縦のシワなら横に、
横のシワなら縦に皮膚を引っ張るようにマッサージします。
眉間からおでこ、眉間からこめかみまで
さらには頭皮まで
広い範囲でマッサージすると
眼の疲れも一緒にとれますよ。

リンパの流れをよくすることで
老廃物が排出されて
肌の血行が良くなり表情筋も柔らかくなります。
肌に栄養が行き渡るとシワの改善にも役立ちます。

お肌のケア


乾燥が原因のしわには、クリームで栄養補給しましょう。
コラーゲンやアミノ酸などの栄養分が含まれた
美容液がおすすめです。
美容液を塗った後でマッサージをすると
美容成分の浸透も良くなり
肌の血行も良くなるので、w効果が期待できます。

肌の奥からケアしたい場合は、ビタミンC誘導体や
レチノールを含んだ美容液ビューティーオープナーがおススメです。

III型コラーゲンが肌にいい

若々しい肌にはIII型コラーゲンがたっぷり含まれています。
年齢と共に失われていくIII型コラーゲンですが
食べ物から摂ることができない成分です。

そこで卵殻膜エキスの登場。
卵の殻を割ると中に薄い膜がありますよね。
実はここ!
III型コラーゲンや18種類のアミノ酸
ヒアルロン酸など肌にいい成分がぎっしりと詰まっているのです。

とはいっても膜を食べるのはちょっと嫌ですよね。
この卵殻膜エキスを95%も含んだ美容成分豊富なクリームで肌をマッサージしましょう。

洗顔後に綺麗な肌にクリームをのせて
指の腹を使って優しくマッサージ。
これだけでクリームの成分は肌に浸透しやすくなりますし
肌にも適度な刺激で栄養が行き渡ります。

赤ちゃんの肌にたっぷり含まれるIII型コラーゲンをビューティーオープナーで補給して
しわのないつややかな肌を取り戻しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする